上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告||TOP↑
コムデギャルソン  オム」の立ち上げに加わり、その後80-90年代に旋風を巻き起こした「dezert」のデザイナー田口氏が手掛けるnewブランド・ディップは年齢を問わずに着れるカジュアルの真髄とも言えるデザインが特徴。ビームスなどの
http://jeffreyage.hamazo.tv/e86860.html
ニューズウィーク6月28日号に載ってました。世界が認めた日本の女性100に選ばれていた「栗原たお」さん。多分、小学校の同級生ではないか?と勘ぐっております。 コムデギャルソン のデザイナーとして「トリコ・コムデギャルソン」
http://opusone.jugem.jp/?eid=45
コムデギャルソン オムプリュスの服を着た人間。センスの良い人間も当然いるのだが、服飾系の学生らしき若者はロゴがはいったものや全身ピンクに近い、派手なコーディネートをしている。ギャルソンの本当の良さなどわかっておらず
http://blogs.yahoo.co.jp/professionalmudermusic/8997902.html
ハマトラに始まり、 コムデギャルソン  ピンクハウス 全盛時代。 ハマトラって何?今の人は知らないでしょう。膝丈の台形スカートにハイソックス、シャツはフクゾー ミハマの靴。髪は聖子ちゃんカットでした。働くようになったら 
http://kyoutazy.exblog.jp/5077883
ブランドにはそれほどこだわらなくなったとはいえ会社の皆さんは皆、個性的でおしゃれです。実を言うと、今まで着れていた コムデギャルソン のスーツが着れなくなりました。(正確にははけることははけるのだけどやっぱりパンパンです)
http://ameblo.jp/yoshinori/entry-10013841086.html
スポンサーサイト
コムデギャルソンコメント(0)TOP↑
これまでは社内で社員向けに行われていた「 コムデギャルソン の ための コムデギャルソン 展」がついに一般公開されることになった ようです。
http://www.movement.cc/blog/archives/2005/07/post_17.html
川久保玲(Rei KAWAKUBO)。慶応大学卒業。69年、「 コムデギャルソン 」の名で婦人服の製造販売を開始。名前の意味は「少年のように」。73年、会社設立。75年、東京コレクション初参加。78年に「コムデギャルソンオム 」がスタート。81年にパリ プレタポルテ・コレクションにデビュー
http://www.tsushin.tv/brand/paris/garcons.html
コムデギャルソン / アンリミテッド COMME des GARCONS / Unlimited NHKで放映され大きな反響を呼んだドキュメンタリーを、未放映分 を含めオールカラーの図版約250点を掲載して書籍化。 川久保玲をはじめ内外の約70人が、先鋭的な服作りの秘密を語る。
http://www.movement.cc/blog/archives/2005/07/post_7.html
フランスで生産されているコムデギャルソンと、ローブドシャンブルーが一緒になるそうで。 レディースラインなので余り興味は無かった訳ですが、たしかコムデギャルソン コムデギャルソンはフランス生産のコムデギャルソンのデフュージョンブランドの筈?
http://blog.goo.ne.jp/akitoishii/e/24010b680bd85bea9dfd063bf89b3d2b
なんとなく、社員向けに開催したというコムデギャルソン Ⅲそのものじゃない、 と信じたい気分です。 今回の展示会の為に企画された、というのなら全然話は別ですが・・・
http://symmetry.at.webry.info/200508/article_9.html
コムデギャルソンコメント(0)TOP↑

コムデギャルソン

アンリミテッド:コムデギャルソン

最新情報!

最新の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


.