上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告||TOP↑
これまでは社内で社員向けに行われていた「 コムデギャルソン の ための コムデギャルソン 展」がついに一般公開されることになった ようです。
http://www.movement.cc/blog/archives/2005/07/post_17.html
川久保玲(Rei KAWAKUBO)。慶応大学卒業。69年、「 コムデギャルソン 」の名で婦人服の製造販売を開始。名前の意味は「少年のように」。73年、会社設立。75年、東京コレクション初参加。78年に「コムデギャルソンオム 」がスタート。81年にパリ プレタポルテ・コレクションにデビュー
http://www.tsushin.tv/brand/paris/garcons.html
コムデギャルソン / アンリミテッド COMME des GARCONS / Unlimited NHKで放映され大きな反響を呼んだドキュメンタリーを、未放映分 を含めオールカラーの図版約250点を掲載して書籍化。 川久保玲をはじめ内外の約70人が、先鋭的な服作りの秘密を語る。
http://www.movement.cc/blog/archives/2005/07/post_7.html
フランスで生産されているコムデギャルソンと、ローブドシャンブルーが一緒になるそうで。 レディースラインなので余り興味は無かった訳ですが、たしかコムデギャルソン コムデギャルソンはフランス生産のコムデギャルソンのデフュージョンブランドの筈?
http://blog.goo.ne.jp/akitoishii/e/24010b680bd85bea9dfd063bf89b3d2b
なんとなく、社員向けに開催したというコムデギャルソン Ⅲそのものじゃない、 と信じたい気分です。 今回の展示会の為に企画された、というのなら全然話は別ですが・・・
http://symmetry.at.webry.info/200508/article_9.html
スポンサーサイト
コムデギャルソンコメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
ヘルムート・ニュートン展
おはようございます。今日の湘南は晴れ{/kaeru_fine/}ところで!8日からIsetan新宿店本館1階で始まった、コムデギャルソン ヘルムート・ニュートン展!!お薦めだわ~伊勢丹とコムデギャルソンが手を結んだ120周年記念特別企画{/heart/}コムデギャルソンのデザイナー川久
2006/02/09(Thu) 23:37:06 |  なるみの部屋
少年のように
僕の好きなデザイナーの一人、コムデギャルソンのデザイナーである川久保玲さんについて書かれた本です。『ザ・スタディ・オブ・コム デ ギャルソン』「成熟することは、老いや衰えを知り、死を見極め、諦めを知ることへと繋がっていく。....
2006/02/11(Sat) 04:07:39 |  Tomoのファッション・クロニクル
-
管理人の承認後に表示されます
2012/11/22(Thu) 01:56:50 | 

コムデギャルソン

アンリミテッド:コムデギャルソン

最新情報!

最新の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


.